喪中の時でも、お中元は贈っても問題ありません

基本的に贈答品と言うのは相手に感謝の気持をこめて贈るもので、お祝いの品ではないので相手が喪中でも構いません。

 

あまり派手な包装紙や品物に気を使いましょう。白い無地の奉書紙か、白い短冊に、御中元と表書きをしたものを付けて、贈るようにしましょう!

 

 

喪中の相手には、四十九日が終わってからお中元を贈るのが一般的なマナーだと 言われています。四十九日が過ぎるまでは、遺族は何かと忙しいですし、そんな時にお中元を贈ると相手に負担をあたえる事にもなります。相手の気持ちや状況を思いやると、できれば 四十九日が終わった後の方が良いですね!

 

喪中時にやり取りする時に気を付けたいポイント

 

自分が喪中で相手に贈る時は、時期を気にせず普段通りに贈っても構いません。ただし相手によっては、忌中や喪中の人からの贈答品を良く思わない人もいます。

 

その場合は、四十九日を過ぎてから水引や熨斗なしの贈答品を贈ります。時期に間に合わない場合は、「暑中御見舞」「寒中御見舞」など時期に合わせた表書きにします。

 

何かと人柄をみられますので、しっかりとマナーを把握しておきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

トップページに戻る