お中元を贈る時期はいつからいつまで?

お中元を贈る時期は、地域によって異なります。

例えば、関東と関西でも異なります。下記をご覧下さい。最近の傾向としては、エリアを問わず早めに贈る方もいらっしゃるようです(ごく最近では6月下旬にお中元を贈る手配をする方もいらっしゃるようです)

 

 

デパートやお店などで相上記は関東地区を中心とした、平均的なお中元の時期です。最近は、早々に6月下旬から手配をする方もいらっしゃいます

 

デパートやお店などで相関西地区の御中元は、7月上旬8月15日まで。関西では旧盆(月遅れ)の習慣があることから、御中元についても月遅れで行う地域があるのです。もし贈る時期を迷う場合には、関東、関西の時期が重なる7月上旬15日頃に贈るのが無難でしょう。

 

デパートやお店などで相もともと中元は旧暦の7月15日に行われた行事でした。現在では旧暦ではなく新暦(現在の暦)の7月15日の頃に贈るならわしとなっています。


 

お中元を贈る時期については上で述べたとおりですが、この時期を過ぎてしまった場合には、のしの表書きを変えるようにします。

 

たとえば相手方のお宅にご不幸があって間もない場合などには、先方が落ち着くまで少し時期をずらし、下記の暑中見舞い、残暑見舞いといった時期に贈ってみてはいかがでしょうか

 
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

トップページに戻る